いざという時、自分の気持ちに反して、勃たないって結構つらいですよね。お互い気持ちが高まってきたところで、相手をがっかりさせてしまうなんて、情けなさや罪悪感でいっぱいですよね。そんなEDには有名なバイアグラを使いましょう!

EDならバイアグラで安心!

プロペシアと精力剤のバイアグラを併用したら

バイアグラとプロペシアを併用し、パートナーと良い関係を築こうとする男性
プロペシアはAGAの治療に使われる薬です。主に男性ホルモンの働きを抑制する働きがあります。バイアグラは精力剤で、弱った精力を復活させる働きがあります。バイアグラとプロペシアを併用しても問題はありません。深刻な副作用が起こることはないのです。個人差がありますが、プロペシアを使っていると、性欲が減退することがあります。この薬の働きは、男性ホルモンを抑制するものなので、性欲が減るのは自然な状態です。人によって異なっていますが、ペニスの硬度が十分に得られなかったり、性欲を感じなくなったりします。バイアグラを飲むことで、その性欲減退の状態を改善できます。
バイアグラもプロべしアも正規の薬品です。併用できない薬がいくつかあります。バイアグラの場合併用が禁じられているのは、硝酸剤が含まれている薬です。硝酸剤が含まれている薬の種類は多いので、十分な注意が必要です。それから、高血圧の薬も併用できないことがあります。
プロペシアの場合は、併用が禁止されている薬はありません。しかし、副作用はあります。その一つは上記に書いた性欲の減退です。もう一つは、肝臓の障害です。肝臓の障害が出ることは非常にまれなのですが、ゼロというわけではありません。肝臓に障害が出た場合は、服用は中止します。
AGAの治療に使うプロペシアは長期間服用しなければなりません。少なくとも5ヶ月程度は服用しなければ、効果は出ないと言われています。長い間服用するので、その一部の期間に副作用が出る恐れはあります。副作用が性欲の減退だった時は、バイアグラを使うのは悪い方法ではありません。特にパートナーのいる方はそれを使って、性的な欲求をうまく増やしましょう。

EDの関連記事